毎日の"ちょっとした習慣"に寄り添う。

0120-96-7242
Beauty & Health 通信 第5章
疲れは腸からリセット

「夏疲れ」あなたは残ってない?

気温が下がって過ごしやすくなったのに、
だるさや身体の疲れが抜けない、お通じの調子もあまり良くない。
肌の調子もイマイチ。。
そんな秋の不調はズバリ、腸の夏バテ
夏バテの腸を根本から整えることで秋の不調をリセットする情報をお届け。
普段の生活環境や食事を見直して、今日から実践してみましょう!
良い腸内環境は体を整え、心身もスッキリしますよ♪




腸の健康は体の健康!

腸の夏バテ

夏の暑さや、冷たい食べ物・飲み物で、実は腸はヘトヘト状態。
腸は自律神経と直接つながっているため、腸の不調はダイレクトに身体の不調へつながります
また「脳腸相関」と呼ばれるほど脳と腸は密接に関係があり、腸の不調が気力低下やうつなどの精神状態にも関係していると考えられています。


弱った腸が招く体の不調

腸は冷えに非常に敏感な器官です。
腸が冷えると動きが鈍くなり、排便がスムーズに行われなくなります。
そうなると腸内細菌のバランスが崩れ腸内環境が悪化してしまい、体調不良や肌荒れ、大腸ガンのリスクを高めてしまいます。




① まずは、自律神経を整えよう!

自律神経とは?

自律神経とは、「呼吸」「代謝」「体温調節」など、無意識のうちに体の働きをコントロールしてくれています。
寝ている時の呼吸も自律神経のおかげです。でも、体や内臓は夜の休憩が必要です。それをコントロールしているのも自律神経なのです。
自律神経は大きく2つに分かれており、バランスがとっても大切。主に副交感神経が上下することでバランスをとっていると言われてますが、この副交感神経は、加齢やストレス、緊張などでも低下するため現代人は副交感神経が低下している人が増えているのです。


バランスが崩れると?

・「腸」の機能が低下し、便秘になったり腸内が悪玉菌優位になる
免疫力が落ちる(リンパ球の働きが鈍る)
血流を悪くし、栄養が毛細血管に十分に行き届かず臓器本来の力が発揮できない。
・胃腸不良や胸やけ
・自律神経失調症
など心と体に様々な影響の原因となります。




身体を温める
ストレスなどによって交感神経が高まると、血流が悪くなり身体の冷えを招きます。
お風呂は、シャワーではなく湯船に浸かるなど、身体を温めるように意識すると、血行が良くなり、副交感神経が高まります。忙しければ、洗面器にお湯をためて足湯をしましょう!

深呼吸をする
深呼吸は最も手軽で効果的な方法。
吸う息は交感神経が優位になり、吐く息は副交感神経が優位になるため、3秒ほど息を吸い、倍の6秒をかけて長く吐く深呼吸を行うと、副交感神経が働き、脳も心も落ち着きます。

寝る2~3時間前までに食事や携帯、パソコンをすませる
質の良い睡眠は、自律神経のバランスを整えます。
睡眠の質を上げるためには、就寝前の食事や携帯の光を控えるだけでも睡眠の質がぐんと高まります。就寝前は、間接照明にして、アロマオイルもおすすめです。

朝陽を浴びる
朝陽を浴びることは、体内時計をリセットするだけでなく、ホルモンバランスを整えて自律神経を安定させ、心身ともに健やかに過ごすのにとても効果的。朝のウォーキングなどの時間がない方は、朝のハミガキをベランダでやってみてはいかがですか?

腸マッサージをする
副交感神経が低下すると便秘になったり免疫力が低下することから、腸は自律神経をコントロールする臓器とも言われています。
マッサージは、特にリラックスしやすい入浴中や就寝前などに行うのがおすすめです。






② 穀物の食物繊維“穀物繊維”を摂取しよう!

最近は痩せるために主食をなるべく食べないという方が増えており、健康意識の高い方も野菜や発酵食品は食べても穀物不足の方が増えています。
実は野菜や果物の食物繊維より、穀物の食物繊維、“穀物繊維”のほうが糖尿病の予防効果が高いという研究結果も出ています。


腸内環境を整える2つの食物繊維

大麦には便のかさを増してお通じを促す不溶性食物繊維と腸内菌のエサとなる水溶性食物繊維の2つの食物繊維がよく含まれています



大麦には良質な食物繊維が豊富!?

大麦には腸内環境を整える上でとても重要な食材です。
なぜなら大麦には良質な食物繊維が豊富に含まれるからです。
大麦に含まれる食物繊維の特徴は2つあります。
それは、
食物繊維の量が圧倒的に多いこと
水溶性食物繊維の割合が高いことです。
大麦、もち麦、発芽大麦はいずれも白米や玄米より多くの食物繊維を含んでいます。


その総量はなんと白米の19倍以上
玄米の3倍以上です!
また大麦は、「水溶性食物繊維の割合が高い」ことが分かります。
発芽大麦の場合は発芽するときのエネルギーとして水溶性食物繊維が消費されるため、押し麦やもち麦ほど高くありません。
それでも、玄米と同程度の割合で水溶性食物繊維が含まれているのです。
世の中にある食材のほとんどは、水溶性食物繊維よりも不溶性食物繊維を多く含んでいます。

そのため大麦は「水溶性食物繊維の割合が高い貴重な食材」ということになります。



大麦を使った簡単スイーツレシピをご紹介♪

【大麦のグラノーラ】
材料
・押し麦      300g
・大麦フレーク   100g
・オリーブオイル  30~40g
・蜂蜜       60g
・ナッツ      100~150g
・ドライフルーツ  50g


** 作り方 **
① ナッツ、ドライフルーツは食べやすい大きさに刻む
② はちみつとオリーブをフライパンへ入れ、中火でふつふつとしてきたら押し麦と大麦を入れる
③ 弱火で30分(絶えず混ぜ続けましょう)
④ パラパラしてきたら①を入れ、弱火で5分炒める
⑤ フライパンのまま冷ます
⑥ 冷めたら保存容器やラッピングで包んで出来上がりです♪

ひと手間加えてアレンジ♪

❶ 鍋を弱火にかけ、バターを溶かす

❷ マシュマロを加え、混ぜながら溶かす

❸ ⑤で作ったグラノーラを加えて混ぜる

❹ バットにクッキングペーパーを敷き、その上に押し広げる

❺ 常温で冷ましてお好みの大きさにカットすればグラノーラバーに♪





いかがでしたか?
夏バテの腸を根本から整えてあげて、
秋の不調をリセットしましょう!

毎日のちょっとした習慣で、腸内環境を整えて免疫力を高め
イキイキとした毎日を過ごす心と身体づくりを叶えましょう!